【WordPress】さくらのレンタルサーバで新しいバージョンのMySQLにデータを移行する

やりたいこと

さくらのレンタルサーバでWordPressのデータをMySQL 5.5から5.7に移行したい。

なぜなら、MySQL 5.7は5.5の次のバージョンである5.6よりも高速なので、ページの表示が早くなるから。

手順

MySQL 5.7のデータベース作成

https://secure.sakura.ad.jp/rscontrol/rs/dbcreate

【WordPress】さくらのレンタルサーバで新しいバージョンのMySQLにデータを移行する - 【WordPress】さくらのレンタルサーバで新しいバージョンのMySQLにデータを移行する
さくらのレンタルサーバのデータベース設定画面

データベース名は移行元の名前と同じだと作業が少なくて済む。

文字コードは初期設定のUTF8mb4で問題なし。

元のデータベースがUTF8の場合、WordPressが後で文字コードをUTF8mb4に変換してくれるので問題なし。

管理ツールでデータ移行

https://secure.sakura.ad.jp/rscontrol/rs/db

管理ツール ログインからデータベースの管理画面に進む。

【WordPress】さくらのレンタルサーバで新しいバージョンのMySQLにデータを移行する - 【WordPress】さくらのレンタルサーバで新しいバージョンのMySQLにデータを移行する
さくらのレンタルサーバのデータベース一覧画面
【WordPress】さくらのレンタルサーバで新しいバージョンのMySQLにデータを移行する - 【WordPress】さくらのレンタルサーバで新しいバージョンのMySQLにデータを移行する
さくらのレンタルサーバのデータベース管理ツールはphpMyAdmin

ユーザ名はさくらのデータベース一覧のユーザ名を入力する。

パスワードはデータベースのパスワードを入力する。

サーバは既に自分のものが選択済みとなっているはず。

すべて入力したら実行するを押す。

【WordPress】さくらのレンタルサーバで新しいバージョンのMySQLにデータを移行する - 【WordPress】さくらのレンタルサーバで新しいバージョンのMySQLにデータを移行する
管理ツールのメニューバー

Synchronizeを押す。

【WordPress】さくらのレンタルサーバで新しいバージョンのMySQLにデータを移行する - 【WordPress】さくらのレンタルサーバで新しいバージョンのMySQLにデータを移行する
データ同期入力画面

Source Databaseでデータを同期したいデータベースを選ぶ。

Remote ServerからCurrent Serverを選ぶと、データ同期元のデータベースが表示される。

Target Databaseは同期先のデータベースの情報を入力する。

ホスト名は同期先のデータベースのサーバ名 mysql○○○.db.sakura.ne.jp を入力する。

Portとソケットは変更しない。

データベースのユーザ名は、データベース管理画面のユーザ名となる。

パスワードも同じで、データベースのパスワードを入力する。

データベースは同期先のデータベース名を入力する。

全て入力したら、実行するを押す。

【WordPress】さくらのレンタルサーバで新しいバージョンのMySQLにデータを移行する - 【WordPress】さくらのレンタルサーバで新しいバージョンのMySQLにデータを移行する
データ同期実行確認画面

Synchronize Databaseを押すとデータの同期が始まる。

WordPressのデータベース接続設定の変更

サーバコントロールパネルから、ファイルマネージャを選ぶ。

https://secure.sakura.ad.jp/rscontrol/rs/fileman2/

サイドバーからWordPressがインストールされたフォルダを表示する。

【WordPress】さくらのレンタルサーバで新しいバージョンのMySQLにデータを移行する - 【WordPress】さくらのレンタルサーバで新しいバージョンのMySQLにデータを移行する
WordPressがインストールされたフォルダ

wp-config.phpを編集する。

【WordPress】さくらのレンタルサーバで新しいバージョンのMySQLにデータを移行する - 【WordPress】さくらのレンタルサーバで新しいバージョンのMySQLにデータを移行する
wp-config.phpを編集

以下の2行を確認する。

define('DB_NAME', '{移行先のデータベース名を変更していたら変える}');

/** MySQL のホスト名 */
define('DB_HOST', 'mysql○○○.db.sakura.ne.jp');

※うまく行かない場合元に戻すので、変更前の値をメモしておくこと。

DB_NAMEは、移行先のデータベース名を変更していたら書き換える。

DB_HOSTは移行先のデータベース名。

移行確認

最後にWordPressに繋げられるか確認する。

うまく行かない場合

もし移行先のデータベースに接続できず、元に戻したい場合、wp-config.phpで変更した部分を戻す。

そうすれば、WordPressは移行元のデータベースを見るように戻る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。